今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
古河 建設機械 買取

2016年8月16日

古河機械金属はあらゆる建設機械を製造販売している会社です。1875年に創業されて以来足尾銅山の経営で産銅量が日本1位となり、機械の修理や製作を開始しました。その後東京湾アクアライン工事に古河機械のポンプが使用され、泥水シールド工法によりトンネル工事が行なわれました。

そしてシベリア鉄道のトンネル工事にもドリルジャンボが活躍して、高速道路や新幹線工事にも幅広く利用されました。今ではエレクトロニクス業界にも貢献して、さらに開発、発展を続けている会社です。弊社は現在、古河機械金属のあらゆる建設機械の買取に力を入れています。

建設会社や土木関連従事者の方々で、今使用していない古河の建設機械をお持ちの方は、是非弊社に売却して頂けませんか?大きな荷物を輸送する際に便利な、輸送と荷役作業を一度に可能にして効率を上げたユニッククレーンや、トンネル工事に使用される油圧クローラドリルなど、古河機械金属の技術により、工事現場で大活躍している機械が数多くあると思います。使わなくなった建設機械がそのまま放置されている、ということはありませんか?

機械はそのまま放っておくとサビたり劣化したりして、その後使ってみようと思ったら壊れていた、ということになりかねません。必要なくなった機械の管理というのも簡単ではなく、また使う時まで倉庫に保管して置いたら、結局は使えなくなってしまうかもしれませんよ。リユース業を行なっていて実感するのは、不用品があればすぐに売却すれば、その中古品の価値が高くなると言う点です。

売却する側は高く売ることができるし、中古で購入する側は質の良い中古品を長い間格安で使用することができ、機械の寿命まで効率よく使うことができるでしょう。不用品を倉庫に保管しておくことが、最善の解決策であるとは限らない、ということです。身の回りにある製品が、今後も本当に必要なのかチェックしてみたら、思いがけない現金収入に繋がるかもしれませんよ!

古河 建設機械