今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
IHI

IHIの買取

IHIの買取

株式会社IHIは旧社名を石川島播磨重工業株式会社といい、その始まりは1853年、当時の江戸幕府が水戸藩に命じ、隅田川河口に当時あった「石川島」に造船所を作らせ、その造船所が明治22年に民間企業である「有限責任石川島造船所」となったことに由来する、大変歴史の古い企業です。
当初は造船のみを行う企業でありましたが、国産1号である火力発電設備や蒸気機関車を製造したことにより幅広く重工業製品一般を手がけるようになっていきました。
現在このIHIにおいて主力製品となりつつあるのが建設機械類です。
もともと造船に用いられていたクレーン技術などを応用した大型クレーンを始めとして、ショベルカーや運搬車など、さまざまな製品が発売されています。
当社ではこの度、これらIHI製の建設機械類の買取強化キャンペーンを実施させていただくこととなりました。
建築業などを営んでおられるお客様で、IHI製のご不用品などをお持ちの方はぜひ当社までご連絡ください。

高価買取の前に!

●IHIの製品名、稼働時間、購入年月日などを、買い取りの前にご確認お願いしますね!
■付属品
取扱説明書
書類一式
バケット
はございますでしょうか?

IHIの買取対応製品

IHI

日本の工業技術をリードし、重機などの重工業において日本を代表する名門企業の一つ。

9VX3、17VX3、20VX3、25VX3、30VX3、35VX3、40VX3、45VX3、55VX3、10VZ、20VZ、30VZ、40VZ、50VZ、30VX3
35VX3、40VX3、45VX3、55VX3、30VZ、40VZ、50VZ、80VX3、80VX3、4J、7J、8NX2、15NX2、15J、18J、20NX2
25NX2、25J、28J、28N、30J、35N、32J、35NX2、35J、45J-2、45N、55J-2、55N、55N-2、8NX、12JX、12NX
15NX、20JX、20NX、25JX、25NX、30JX、30NX、35JX、35NX、40JX、40NX、40NX2、40VX、45NX、50VX、10Z
10Z2、18UJ-2、20Z、20Z-2、20Z3、30Z、30UJ-2、38UJ-2、45UJ-3、55UJ-3、35NX2、40NX2、45NX、40VX
50VX、40Z、50Z、70J-2、110J-2、120J-2、200J-2、220J-2、80NX、80NX、65UJ-3、65UJ-M、70Z、70Z-2
75UJ-2、135UJ-2、70Z-2、80NX、80NX-3、200J-3、200JLC-3、220J-3、220JLC-3、IC35、C50、IC75、IC120
、CCH700-5C、CCH900-6C、CCH1200-6D、CCH2000-6C、CCH500T-5、IPG70B-5N17W、IPG90T-12E
IPG90B-12E26/4、IPG115B-8E26/4、IPG125B-6N33/4、IPG125B-8E26/4、IPG35D-6N、IPG35SA-6N、IPG80SA-10E

IHIとは?
IHI

IHIも建設機械を取り扱っていることで知られている企業ですが、アルファベットの
名前が付けられている会社なので、海外の企業ではと思っている人もいるでしょう。
実際はどうなのかというと、実は日本の企業として1927年に創立されました。
ただ
し、当時はIHIという名前ではなく、ある程度の年代の人であれば1度は耳にしたこと
がある石川島コーリングという名前でした。
ただ完全な日本企業というわけではな
く、アメリカの企業が入り込んでいるため、提携会社だと言えるでしょう。
しかし、1975年にやっとアメリカとの提携を解消することができたため、2年後には
石川島建設に社名を変更し、日本の企業として建設機械を中心に多くの製品を世に送
り出すことになります。
2008年に現在のIHIという社名に変更されたのですが、最近
はすぐアルファベットを社名に用いる傾向にあります。
日本の企業であるならば、や
はり日本名で社名を付けるべきだと言えるでしょう。
そんなIHIでは多数の建設機械
が存在しています。
定番の油圧ショベルを中心に、クローラキャリアという建設機械も取り扱っていま
す。
他にもクローラクレーンやトラックローダーなど多数の建設機械を取り扱ってい
るので、建設現場で勤務した経験のある人は、IHIの建設機械を取り扱っている、も
しくはどこかで見たことがあるという人も多いでしょう。
IHIが製造販売している建
設機械の特徴としては、一般的な建設機械に比べて低騒音というのが特徴です。
建設
機械というのは比較的音がうるさい場合が多いと言えるでしょう。
いくら昼間に作業を行っているとはいえ、住宅地の真ん中で大きな音を立てるのは迷
惑ですし、最近は夜勤を行う人も多いので、昼間に寝ている人もいるのです。
このよ
うな人に迷惑をかけてしまうのは、やはり建設会社であっても気がひけると考えてい
る人が多いので、より音が小さくて、取り扱いやすい建設機械を使いたいと思う人も
おいでしょう。
そんなときにはIHIの建設機械を使用することで、従来よりも低い騒
音での作業が可能になります。