今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
加藤製作所 KATO

加藤製作所 KATOの買取

加藤製作所 KATOの買取

加藤製作所と言えば、建築関連の重機の中でも、クレーンがよく知られています。
クレーンは建築を行う上では欠かせないのですが、特に近年では高層マンションなどの高い建物がよく建てられています。
駅前を中心によく見かけるのがクレーンなのですが、そのクレーンにもさまざまな種類がありますし、加藤製作所ではクレーン以外にも建機をいろいろと取り扱っています。
どのような優れた製品であっても、やはり古くなってくれば買い替えをする必要もありますし、技術力はどんどん向上しているので、全く別の機械を導入するという場合もあるでしょう。
そうすればまだ使用できる建機は必要なくなってしまうのですが、このような高価な物は、通常買取をしてもらうのが一般的です。
弊社では建設に使用する重機の買取も行っているので、もし使用しなくなった物があれば、買取に応じています。
売るときには製品名や製造年月日も重要なのですが、どのぐらいの頻度で使用していたのかという点も重要になるので確認しておきましょう。

高価買取の前に!

●加藤製作所の製品名、稼働時間、購入年月日などを、売却前にご確認お願いしますね!
■付属品
取扱説明書
バケット
もありましたら、必ずお付け下さいませ。

加藤製作所 KATOの買取対応製品

加藤製作所 KATO

各種産業機械・荷役機械・建設機械を開発しているKATOは、世界中から技術優先のメーカーとして信頼があります。

HD308US-6、HD308USV、HD512V、HD513MRV、HD820V、HD823MRV、HD1023、HD1430V、HD2045、HD205UR、HD307、HD308US、HD308USV、HD510、HD510E、HD510E-MC、HD512E、HD512III、HD512V、HD513MR、HD513MRIII、HD513MRV、HD820E、HD820II、HD820III、HD820V、HD820VLC、HD823MR、HD823MRIII、HD823MRV、HD1023、HD1023II、HD1023III、HD1430、HD1430III、HD1430III-LC、HD1430V、HD1430VLC、HD2045II、HD2045III、HD2045III REGZAM、HD50UR、HD-250VII、HD-400VII、HD-400VII-SS、HD-450VII、HD-450VII-SS、HD-550VII、HD-700VIIE、HD-800VII、HD-900VII、HD-1250VII、HD-1880VIIE、KA-1300SL、KA-2200、KA-3000、KA-4000R、MR-130Ri、MR-250R、MR-350R、SR-250Ri、KR-10H、KR-10HM、KR-10H-S、KR-10HM-S、KR-10H-L、KR-10HM-L、KR-10H-LII(PJ)、KR-10HM-LII(PJ)、KR-20H-L、KR-22H、KR-22H-II、KR-25H-V、KR-25H-V、KR-25H-V2、KR-25H-V3、KR-25H-V5、KR-25H-V6、KR-25H-V7、KR-35H-V、KR-35H-V2、KR-45H-VS、KR-50、KR-50H、KR-50H-V、KR-50H-L、KR-50H-L2、KR-70H-LM、KR-65H、KR-70H、KR-70H-L、KR-75H、KRM-25H-II、KRM-25H、KRM-13HM、KRM-13H、KRM-13HM-II、KRM-13H-II、KRM-13HM-II、KRM-13H-II、KRM-35H、KRM-35H-II、KR-10H(MR-100)、KR-10H-LII(MR-100Lsp-V)、KRM-13H(MR-130)、KR-20H-L(SR-200R)、KR-22H(MR-220)、KR-22H-II(MR-220SP)、KRM-25H-II(MR-250R)、KR-25H-V3(SR-250sp-V)、KR-25H-V5、
R-25H-V7(SR-250R)、KR-25H-V8(SR-250Ri)、KRM-35H(MR-350SL)、KR-35H-V2(SS-350sp-V)、KR-50H(SS-500sp)、KR-50H-V(SS-500sp-V)、KR-50H-L(SL-600)、KR-50H-L2(SL-600II)、KR-65H(SL-650R)、KR-70H-L(SL-700R)、KR-75H(SL-800Ri)

加藤製作所 KATOとは?
加藤製作所 KATO

建設機械を製造販売している会社の場合には、いろいろな種類を取り扱っている場合
もあれば、特定の種類のみ取り扱っている場合もあります。
加藤製作所の場合にはど
うなのかというと、いろいろな種類の建設機械を取り扱っています。
建設機械を取り
扱っている会社であれば、大半のところが製造販売を行っているクレーンや油圧ショ
ベルなどは当然なのですが、他にも路面清掃車やリフターなどの建設機械も取り扱っ
ています。
最近は小型の建設機械を取り扱っていることが多いのですが、加藤製作所では大型の
建設機械が多いと言えるでしょう。
大規模な建設を行うときには、やはり大型の建設
機械は欠かせない存在なので、加藤製作所製の建設機械が重宝されるのです。
そんな
加藤製作所は明治28年に創業したかなり歴史のある会社なのですが、最初から大手企
業であったわけではありません。
創業した当時は個人事業であったため、当然規模は
かなり小さかったと言えるでしょう。
名前も加藤製作所ではなく、加藤鉄工所という名前でした。
現在の加藤製作所となっ
たのは昭和10年のことです。
個人事業主の頃は建設機械をメインとして取り扱ってい
たわけではなく、鉄道用モーターカーを主流として製造販売していました。
株式会社
となってから徐々に建設機械の分野に進出し、現在のように多くの建設機械の製造販
売を行うようになったのです。
昭和44年には世界最大の油圧式トラッククレーンを完
成させ、現在でも頻繁に取り扱われています。
現在でも多くの新しい建設機械を開発しているのですが、昔から建設機械を取り扱っ
てきた実績があるからこそ、このように新しい建設機械を作り出すことができるので
す。
やはり知識も重要なのですが、知識よりも重要になるのが経験だと言えるでしょ
う。
経験をたくさん積んでいくことで、どんどんレベルアップできるのは製造業だけ
ではありません。
全ての業種で経験というのは重要になるので、経験を積んでいった
からこそどんどん成長していくことができたのでしょう。