今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
タダノ

タダノの買取

タダノの買取

タダノは昭和19年に創業し、以来大型クレーン車の製造、販売において業界をリードし続けているトップメーカーです。
また、それ以外にもさまざまな歴史的遺跡の修復作業などにも積極的に取り組んでいるようです。
さて、現在当社ではこのタダノ製の建設機械の積極的な買い取りを行っております。
もし建築業などを営んでおられるお客様で、現在お持ちの製品がご不要となり、ご処分に困っておられるという場合はぜひ当社の買取サービスをご利用ください。
クレーン車などの建設機械はとにかく大型でありますので、不要品を置いておくというだけでもかなりのスペースが必要とされ、さらに処分する際の費用も馬鹿になりません。
当社では、そんなお客様のお悩みを一気に解決することが可能です。
もしお持ちのタダノ製品に関して、買取りが可能であるかどうか不安があるという場合には、出張にて査定を行うことも可能ですので、ぜひご気軽に当社までご連絡ください。

高価買取の前に!

●タダノの製品名、購入年月日、初年度、走行距離、稼働時間などを、ご確認お願いしますね!
■書類など
は、ありますでしょうか?

タダノの買取対応製品

タダノ

タダノ

建設用クレーン・車両搭載型クレーン・高所作業車などを製造・販売している、香川県にあるメーカー。

GR-700N
GR-250N
GR-160N
GR-130NL
GR-130N
GR-600N-2
GR-600N-1
GR-500N-1
GR-350N-1
GR-300N-1
GR-250N-2
GR-250N-1
GR-160N-2
GR-162N-1
GR-120N-2
GR-120N-1
GR-120NL-1
GR-120NL-2
GR-120F
GR-120NL(CREVO120)
GR-120F
GR-130NL(CREVOmineG3α)
GR-250N-1(CREVO250)
GR-250N-2(CREVO250 G3)
GR-300N(CREVO300)
GR-500N(CREVO500)
GR-600N-1(CREVO600)
GR-600N-2(CREVO700 G3)
GR-700N
GR-700N-1
TR-500M-3
TR-350M-3
TR-250M-6
TR-200M-5
TR-160M-3
TR-100ML-1
TR-100M-1
TR-80M-1(80PRO FX)
TR-100M(CREVO100)
TR-160M-3(CREVO160)
TR-200M-4(200PRO)
TR-250M-5(250PROFX)
TR-250M-6(CREVO250)
TR-350M-2(350PROFX)
TR-350M-3(CREVO350)
TR-500M-2(500PROFX)
TR-500M-3(CREVO500)
AR-5500M
ATF400G-6
ATF300G-6
ATF220G-5
ATF130G-5
ATF100G-4
ZE503
ZE503SL
ZE504
ZE504SL
ZE505
ZE505L
ZE505LSL
ZE505SL
ZE583
ZE583SL
ZE584
ZE584SL
ZE585
ZE585SL
ZE603
ZE603SL
ZE604
ZE604SL
ZE605
ZE605SL

タダノとは?
タダノ

タダノは建設機械の中でもクレーンを中心に取り扱っている会社です。
しかも日本で
最初に油圧式のクレーンを開発した凄い企業なので、名前を聞いたことがある人もい
るでしょう。
そんなタダノは1919年に創業しているので、すでに100年近くも続く歴
史のある会社です。
現在でもクレーンを中心に取り扱っているのですが、クレーンと
いうのは高いビルやマンションの建設には欠かせません。
タダノが油圧式クレーンを
開発しなければ、日本の発展が遅れていた可能性もあります。
それぐらいクレーンというのは重要な建設機械なのですが、近年はクレーンだけでは
なく、高所作業車やリフター、油圧シリンダーなど数多くの商品開発に成功している
のです。
これらの商品も建設現場には欠かせないと言っても過言ではありません。

な生産拠点はうどんでも有名な香川県にあるのですが、もちろん香川県だけにあると
いうわけではなく、他の都道府県にも存在しています。
しかし、香川県に3つの工場
が存在しているのです。
なぜなら本社が香川県にあるからなのですが、本社がある地域に工場を設けておくこ
とで、より連絡が取りやすくなります。
現在ではインターネットがあるので、離れて
いても問題なく連絡を取ることができるのですが、先ほども紹介したように、タダノ
は創業が1919年と、とても古くなっています。
そうなると連携を取るのが難しいの
で、できるだけ近くに工場を設け、連絡を取りやすくしてより多くのクレーンを中心
とした建設機械の製造販売を行ないたかったのでしょう。
最近は高層ビルや高層マンションが多いので、より優れている建設機械が必要になり
ます。
技術の向上だけではなく、建設機械の性能も上げていく必要がありますし、安
全面にも配慮しないといけません。
より多くの人に建設機械を販売するために、イン
ターネットの活用なども欠かせませんので、いろいろな面で気を配っているのです。
それができるのは、100年近い経験があるからだと言ってもよいでしょう。