今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
コベルコ kobelco

コベルコ kobelcoの買取

コベルコ kobelcoの買取

コベルコは1999年に神戸製鋼から独立して、現場のユーザーを考えてあらゆる建設機械を製造販売してきました。
神戸製鋼で大型電気ショベルを第一号で生産して以来、コベルコはその技術を経験を元に建設機械を作り続けてきました。
弊社はあらゆるコベルコの建設機械の買取を行っています。
今使用しておられない建設機械をお持ちの方は、是非今すぐご連絡下さい。
他社よりも高い価格で買取させて頂きます。
まずはどのような製品をお持ちなのか教えて頂ければ、無料査定で買取価格を決定させて頂きます。
最近は建設機械の事業環境も変化してきたと言われています。
環境保全を考えることにより、あらゆる製品のリサイクルにも注目が集まっている時代です。
不要になった建設機械を放置していると、結局壊れて使えなくなってしまう可能性が高いですよね?
是非製品価値の高いうちに売却されて、現金収入にもされながら、製品の寿命まで効率的に使用できることが私達の願いです。
リユースは環境保全の第一歩だと思います。

コベルコ kobelcoの買取を利用したお客様の体験談
コベルコ kobelco買取 体験談

高価買取の前に!

●コベルコの型式、稼働時間、初年度、購入年月日などを、査定前にご確認お願いしますね!
■付属品
書類
バケット
は、ありますでしょうか?
コベルコの高価買取のポイント
使用頻度が低い機械ほど、高額買取りの対象になります。
使い古すよりも、早めに買い替えることで高額買取りされやすくなります。
エンジンもそうですが、各パーツが劣化しないことが、高価買取につながります。
普段からしっかりメンテナンスしていた機械には、高額査定が付きやすくなります。
事故歴や修復歴がないモノには、高額査定が付きやすくなります。
外観がキレイな方が、高額査定は出やすくなります。
メーカーやディーラーの保証書が付いていれば、買取金額はアップします。
コベルコの査定の申し出と違う事例
・聞いていたよりも使用頻度がかなり高かった。
・エンジンも本体も非常にキレイな状態だと聞いていたが、エンジンオイルも本体に
も錆びつきがあり、傷も多く掃除もきちんとしていなかった。
・キャタピラーのたわみ修理が必要な状態だった。
・バケットが損傷していて、全体的に劣化が酷かった。
・油圧シリンダーが故障していて、修理しなければいけなくなっていた。
・スイベルジョイントから油漏れが確認された。
・油圧ホースに損傷が見られ、修理しなければ使用できない状態だった。

コベルコ kobelcoの買取対応製品

コベルコ kobelco

コベルコ建機

神戸製鋼グループに属する建設機械メーカー。

SK005-5
SK008
SK10SR-2
SK17SR-3
SK20SR-5
SK27SR-5
SK30SRST-5
SK30SR-5
SK35SR-5
SK40SR-5
SK50SR-5
SK20UR-2
SK30UR-5
SK38UR
SK50UR-5
SK80UR-6
SK130UR-2
SK75SR-3
SK80SR+-3
SK125SR
SK135SR-2
SK130SR
SK225SR
SK235SR-2
SK200-8
SK250-9
SK330-9
SK470-9
SK850LC
SK80H-2
SK200H-9
HVC-60V
MVC-60V
MVC-F60
MSZ-F100A
MTX-60FE
MTX-70F
MTX-90F
MTR-35W
MTR-40F
MT-55
MT-50V
MT-55A
MT-55L
MT-55L-SS
MT-72FWA
MT-72SGK
MT-52FW
MT-84F
MT-65H
LK40Z-3
LK40Z-5
LK50Z-3
LK50Z-5
LK120Z-5
LK120Z-6
LK150Z-5
LK150Z-6
LK190Z-5
LK190Z-6
LK230Z-6
LK270Z-6
LK310Z-6
LK350Z-5
LK350Z-7
LK470Z-5
LK470Z-7
LK560Z-5
LK560Z-7

コベルコ kobelcoとは?
コベルコ kobelco

建設機械の中でも大型の物が多くなっているコベルコですが、やはり主力となってい
るのはクレーンでしょう。
もちろん他にもショベルカーなどが主力となっているので
すが、コベルコは大型の建設機械が多くなっています。
小型のショベルカーなども取
り扱っているのですが、小型の機械は建設現場よりも、林業や解体などに使用されて
いることは多いと言えるでしょう。
大型の建設機械が多くなっているコベルコです
が、最近では小型のショベルカーなども増えてきました。
しかも省エネを重要視している傾向にあり、一般の建設機械よりも低燃費で作業が行
えるような建設機械の製造販売に力を入れているのです。
最近は車であっても低燃費
の物が売れるようになってきたのですが、当然建設機械であっても燃費はガソリンに
なっています。
ガソリンはその日によって価格が異なり、リーマンショックのときの
ように、急激にガソリン代が高くなってしまう可能性もあります。
さらに税金がどん
どん上げられてしまうので、低燃費というのは大切だと言えるでしょう。
しかも低燃費であれば環境にも優しいので、これからはどんどん導入されていくこと
が予想されます。
これだけいろいろな建設機械を取り扱っているのだから、コベルコ
は歴史のある会社なのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし、コベルコは平成
11年に創立しているかなり新しい会社になっているのです。
歴史のある会社が多数の
建設機械を製造販売できるのはわかりますが、まだ創立してそれほど年数が経過して
いない会社でも、このように多数の建設機械を世に出せるのです。
なぜならそれだけ高い技術力と経営戦略を持っていたからだと言えるでしょう。
日本
各地に事業所が設けられているので、コベルコは名実ともに大手企業の一員です。

れだけ技術力と信頼、そして経営戦略というのは大切になるのですが、リサイクルや
中古品の建設機械にも注目したことが成功できた理由の1つだと言えるでしょう。

能が高くて操作しやすいのがコベルコ製建設機械の特徴です。