今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
クボタ kubota

クボタ kubotaの買取

クボタ kubotaの買取

現在産業機械の製造、販売にて大変有名な株式会社クボタ(kubota)の歴史は古く、1890年に久保田権四郎が鋳物メーカーとして「大出鋳造所」を創業させたことに端を発します。
その後、事業内容を変化させながら、権四郎死去の一年後、1960年に国産初の畑作用乗用トラクターである「T15」を発表したことが同社にとって大きな転機となりました。
それ以後、同社は農業機械や建設機械の製造、販売に本格的に乗り出し、現在では押しも押されぬ国内のトップメーカーとなっております。
現在当社では、これらクボタの製品のうち、特に建設機械類の買取を強化しております。
クボタの建設機械といえばまっさきに思い浮かぶのがショベルカーですが、これらは中古品であっても大変に人気が高いため高額買取りが可能となる場合もございます。
買取の方法は直接製品を運転、運搬して当社まで来ていただくか、出張にて査定を行い、その後買取をするかどちらかを選択していただく形となっております。

高価買取の前に!

●クボタの製品名、購入年月日、稼働時間、アタッチメントの有無などを、売却前にご確認お願いしますね!
■付属品
書類
バケット
は、ありますでしょうか?

クボタ kubotaの買取対応製品

クボタ kubota

クボタ

大阪に本社を置く産業機械・建設機械等・建築材料・鉄管・産業用ディーゼルエンジンのメーカー。

K-75US-3
K-135US-3
K-225US-3
K-225USR-3
K-75UR
K-70-3
K-110-3
K-120-3
K-200-3
K-240-3
R330
R430Z
R530Z
R630Z
U-17
U-20-3S
U-25-3S
U-30-5
U-35-5
K-035-5
U-40-6
U-55-6
KX-57-6
RX-153S
RX-203S
RX-306
RX-406
RX-505
K-005-3
U-008
U-10-3

クボタ Kubotaとは?
クボタ Kubota

クボタという企業も建設機械の製造販売では有名なので、知っている人も多いでしょ
う。
メインになっている製品は4つあります。
1つ目は建設現場では主力となっている
油圧ショベルですが、建設機械を取り扱っている大半の企業は、この油圧ショベルを
取り扱っていると思って間違いありません。
2つ目はキャリアと呼ばれている建設機
械です。
クボタでは一般的なゴムクロキャリアと高速ゴムクロキャリアが存在してい
ます。
3つ目はホイールローダですが、このホイールローダは牧畜と除雪に使用されていま
す。
4つ目はバックホーと呼ばれている建設機械ですが、主に小さい種類を中心に取
り扱っているのです。
見た目はショベルカーと殆ど一緒なのですが、ショベルがオペ
レーターが乗車する内側の方に取り付けられているのがバックホー、外側に取り付け
られているのがショベルカーとなっています。
クボタは比較的お手頃な値段で建設機
械を購入することができるので、多くの業者で使用されているのです。
しかし、いくらお手頃価格で購入できると言っても、やはり相当な値段になることに
は変わりありません。
しかも不景気と増税で経営が苦しい会社が多い状況では、新品
で購入するのは難しいと言えるでしょう。
そんなときには中古で購入するのがおすす
めできます。
クボタは比較的多くの建設機械を世に送り出しているので、中古品の販
売も比較的多く行われています。
最近では建設機械の中古品も多く取り扱われている
ので、昔より簡単に中古の設機械を購入できます。
クボタが創業されたのは1890年なので、明治時代に創業された歴史のある会社です。
現在ではもう100以上も経営を行っているぐらい経験も豊富なので、建設機械に関す
る知識も高くなっています。
経験はとても重要なので、より歴史があればその分信用
を得ることもできるでしょう。
なぜならきちんと運営を行い、顧客の信頼が得られな
ければ、これだけ長く営業することはできないからです。
ちなみに本社は大阪にあり
ます。