今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
キャタピラー CAT

キャタピラー CATの買取

キャタピラー CATの買取

建設機械や鉱業機械を製造、販売するキャタピラーは、アメリカのイリノイ州に本拠地があります。
ディーゼルや天然ガスエンジン、産業用ガスタービンエンジン分野で世界最大の世界的多国籍企業です。
フォーチュンが認める「世界で最も賞賛される企業」として評価されています。
弊社はキャタピラーのあらゆる建設機械の買取を積極的に行っています。
工場や現場で必要なくなったキャタピラーの建設機械をお持ちの方は、是非弊社にご連絡下さい。
建設機械は大型なので、宅配会社の配送は行うことができません。
直接お持込み頂くか、出張買取のみ可能になりますので、まずは弊社にご相談下さい。
お仕事をお辞めになったり、現場の事情で建設機械を処分しなければならなくなった、という方はいらっしゃいませんか?
大きくて特殊な機械なので、売却や処分に困っている、という方もいらっしゃるかもしれません。
まずは弊社の担当者にお持ちの建設機械の詳細をお伝え下さい。
仮査定して買取価格や、買い取り方法についてご相談させて頂きます。

キャタピラー CATの買取を利用したお客様の体験談
キャタピラー CAT買取 体験談

高価買取の前に!

●CATの製品名、購入年月日、稼働時間などを、査定前にご確認お願いしますね!
■付属品
書類一式
は、ありますでしょうか?

キャタピラー CATの買取対応製品

CAT キャタピラー

CAT/キャタピラージャパン

アメリカの大手建設機械製造メーカー。

390D
374D L
349E
349E L
336E
336E L
336E L H
336D
336D L
329E
329E L
324E
324E L
320E
320E L
320D
320D L
316E L
312E
328D LCR
321D CR
321D LCR
314E CR
314E LCR
313D CR
308E CR
320E RR
320E LRR
320D RR
320D LRR
311D RR
314E SR
308E SR
305.5E CR
305E CR
304E CR
303.5E CR
303E CR
050 SR
040 SR
030 SR
020 CR
020 SR
017 CR
010 CR
008 CR
005
D53P-18E
D11T
D10T
D9T
D8T
D8H
D7E
D7R2
D6R3
D6N
D6K
D6R
D6R-3
D5K
D4K
D4H-3
D3K
955K
994F
993K
992K
990H
988H
980K
972K
966K
962K
950K
938K
930K
924K
924Hz
914G2
910H
907H2
903C
902C
901C
901B2
910G2
910F
16M
14M

キャタピラー CATとは?
キャタピラー CAT

建設機械にはいろいろな種類があり、製造販売しているメーカーも多数存在していま
す。
その中にはキャタピラーと呼ばれているメーカーも存在しているのですが、キャ
タピラーと言えば比較的有名なので、知っている人も多いでしょう。
しかし、キャラ
ピラーというのは日本の企業ではなく、アメリカの企業なのです。
設立は1925年なの
で、比較的古くから存在して着る企業だと言えるでしょう。
アメリカは企業国家であ
るため、グローバル企業がたくさん存在しています。
その1つがキャタピラーなのですが、多くの建設機械を製造販売していることでも知
られています。
大型ダンプやコンパクタ、ブルドーザーや油圧ショベルなどがメイン
となっているのですが、これだけではなく、他にもいろいろな建設機械を取り扱って
いるのです。
もちろん大半は新品で売られているのですが、中には中古品の販売も
行っていますし、レンタルを利用することもできます。
当然新品は値段が高くなって
いるので、頻繁に購入することはできません。
しかし、必要な建設機械なので、どうしても購入しなければいけないとなったときに
便利なのが中古品でしょう。
中古品であればある程度安く購入することができます。
場合によってはあまり使用頻度はないけれど、あると便利だという建設機械も存在し
ているでしょう。
そんなときにはレンタルを利用するのが便利です。
レンタルであれ
ば格安で利用できますし、一時的に使用する場合などにはとても重宝すると言えるで
しょう。
このようなサービスを導入することで会社をどんどん大きくしていったのですが、
キャタピラーは日本にも根付いています。
それが日本キャタピラーなのですが、建設
現場でもよく見かけることがあると思います。
トンネル工事でも利用されることが多
くなっていますが、現在日本に180を超える拠点が存在しています。
しかし操作をす
るのは人間なので、ある程度の技術が必要になることはいうまでもありません。