今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
小松 komatsu 建設機械 買取

2017年1月29日

建設機械買取ドットコムでは、小松の建設機械を高額買い取りさせていただいております。
ところで小松といえば、言わずと知れた小松製作所のことですが、今や日本国内では最大のシェアーを誇っていると言われています。
おまけに日本国内のみならず、東南アジアや中国・ヨーロッパなど世界各国にグループ企業を有しており、世界的にもシェアー第2位と言われています。

国内最大もさる事ながら、世界第2位のシェアーというのには、さすがに驚いてしまいますね。
また見方を変えると、日本の企業の機械技術力のレベルの高さを物語っていると言えるのかもしれません。
そもそも小松製作所が、今日世界的にも大きなシェアーを持つようになったのは、トヨタや日産・ホンダといった日本の各自動車メーカーよりもいち早く世界に目を向けて、海外進出を果たしてきたからなのだそうです。

ちなみに、小松製作所が手掛けている建設機械を簡単に一部紹介させていただくと、ブルドーザー・油圧ショベル・ダンプトラック・ホイールローダーなど数々あります。
こうした数々の建設機械が、世界中の建築や建設分野に貢献していることは言うまでもありません。
私などは、あまり建築関係には縁遠い職業に従事しているので、油圧ショベルという機械をイメージしただけでも、コンビニのATM機強奪やガソリンスタンドの両替機強奪の方を連想してしまいがちなのですが、こうした建設機械が世の中のお役に立っていることを思うと、不謹慎きわまりないことなのかもしれませんね。

ただし、油圧ショベルでコンビニのATM機が強奪されたという事件が日本では多発した時期がありましたが、ATM機だけでなく強奪に利用された油圧ショベルも実は盗まれたものでした。
従って、そうした建設機械の盗難対策として、GPSを搭載した建設機械というものが開発されたきっかけともなっています。
このGPSを搭載することで、今どこに小松の建設機械があるのかと言うだけでなく、エンジンが稼働しているのかどうかとか、昨日は何時間稼働したのかということまでが、小松のオフィスでは手に取るように分かるのだそうです。

こうしたシビアーな建設機械の管理システムが、有名なコムトラックスと言われているシステムです。
しかもこのシステムは、競合会社が中々追いつけないような突出したシステムなのだそうですね。
以上、簡単に小松建設機械のご紹介をさせていただきましたが、ちょうど今処分したいと思っているという方や買い替えを検討しているという方は、ぜひとも建設機械買取ドットコムにご相談下さい。

皆様からのご連絡をお待ち申し上げております。

小松 komatsu 建設機械