今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
買取価格について

買取価格について

建設機械

建設機械の買取価格

キャタピラー

建設機械においては世界ナンバーワンを誇るキャタピラーですが、ブルドーザーやユンボでも使われる無限軌道につけられている名称もキャタピラーと着けられるほど知名度の高い企業です。商品ラインアップの多さもあって極端な高価格のものは少なく、弊社における買取価格も数十万円〜数百万円の範囲となります。

日立

日本でも有数の建設機械メーカーでもある日立建機。最近は中国などの新興国の建設需要の低下で近年はセールスも順調ではありません。しかし、その建設機械のテクノロジーは世界的にも認められていますので、まだまだ価格帯も一定の水準にあります。弊社でも数十万円〜数百万円の範囲で買取を進めています。

コベルコ

神戸製鋼グループの1つであるコベルコ建機。建設機械の中でも、ニーズや汎用性が最も高いユンボの商品シリーズの多さには定評があります。海外拠点もアジア地域を中心に力を入れ、特にインドネシアやインドに注目しているのです。弊社におけるコベルコの買取価格は数十万円〜数百万円になります。

住友

旧財閥傘下として比較的歴史の浅い住友建機。大型パワーショベル製造を得意としていますが、他社のために大量生産を行う技術力もあります。国内市場をメインにしていますが最近ではインドネシアに製造拠点を置き、アジア戦略を重視する傾向にあるのです。当社における買取価格は数十万円〜数百万円で推移しています。

小松

日本では建設機械の最大手と呼べる小松製作所。世界のあらゆる場所に拠点を置き、自動車のトヨタと並んで非常に信頼のるグローバル企業となっています。反日家の多い中国でも非常に高いシェアを誇りまして、それだけ技術力が認められている証拠でしょう。弊社での買取は数十万円〜数百万円の範囲となっています。

タダノ

建設機械の中でもクレーン車に特化して製造しているのがタダノです。よって、クレーンだけで見ますと日本ではシェア第1位になりまして、世界にもアメリカ・ヨーロッパ・アジアと万遍なく拠点がありますのでかなり国でタダノのクレーンが使われています。当社における買取価格は数十万円〜数百万円の範囲です。

クボタ

比較的小規模な建設機械を得意とするクボタ建機ですが、ミニのユンボやブルドーザー、キャリアなどに定評があります。建設会社向け以外に、農業者への販売も考慮しているのでコンパクトな製品が目立っているのです。当社における買取価格帯は数十万円〜数百万円の範囲となっているでしょう。

古河

戦前の古河財閥をルーツに持つ古河機械金属ですが、非常に幅広い業務項目の中の1つであることもあってそれほど商品の幅は広くありません。しかし、別会社のロックドリル事業は世界的に売上も好調で鉱物資源発掘に大きく力を発揮しています。古河の製品の弊社での買取価格は数十万円〜数百万円程度となります。

IHI

かつて石川島播磨重工業と呼ばれたIHIは造船などの重工業がメインですが、IHI建機として建設機械も製造しています。特にミニのショベルについては力を入れていまして、非常に多くの商品群を持っているでしょう。当社ではIHI関連の関節機械の買取価格を数十万円〜数百万円の範囲に設定しているのです。

川崎重工

川崎重工はかつて建設機械製造も行っていましたが、近年になって日立製作所に部門売却しました。しかし、技術力の高い川崎の建機ですから、建設現場でも見かけることも非常に多いのです。それでも価格は非常に落ちしていますので、弊社では数万円〜数十万円の間で買取が進められることになるでしょう。

竹内製作所

戦後において、地場産業として創業された建設機械メーカーの中に堅実に特定機械でシェアを伸ばした竹内製作所があります。コンパクトなショベルいわゆるミニショベルの祖とも言えるメーカーで、欧州などではリーズナブルさで非常に人気があります。当社では数万円〜数十万円の価格帯で買取しています。

加藤製作所

明治時代の個人創業から一部上場企業にまで上り詰めた建設機械メーカーと言えば、加藤製作所になるでしょう。クレーンなどの製品をメインとして業績の半分以上を建設機械が占めていまして、耐久性に優れた製品を提供しているのが大きな特徴です。弊社では数万円〜数十万円の範囲で買取を行っています。

ヤンマー

農機では絶大の知名度と業績を誇るヤンマーですが、実は建機に関しても数十年の実績を持ちます。農業者用の圃場整備などに使うミニショベルやキャリヤなどがメインの製品になっていまして、現場に即したコンパクトさもあって農業者からはかなり支持されているのです。弊社では数万円〜数百万円で買取を行っています。

酒井重機工業

大正時代に創業した酒井重工業は、道路舗装における建設機械を非常に得意としています。地方の建設業者でも使えるような手頃なローラーやフィニッシャーなどを取りそろえています。また、最近は東南アジア市場にも拡充を目指しているのです。弊社では数万円〜数百万円の価格帯で買取をご提供しているのです。

TCM

かつて存在したTCMですが、フォークリフトの製造について非常に優位性を持っていました。現在は他社を合併してユニキャリアと言う名前になっています。製造・販売以外にもレンタルも行っていて、多くの現場にユニキャリアブランドを含めて入り込んでいるのです。弊社では数万円〜数百万円の買取価格をご提供しています。

諸岡

建設機械と言うと大手企業を想像しがちですが、日本には非上場でも技術性の高い所が存在しています。その中の1つに諸岡と呼ばれるメーカーがあります。主にブルドーザーやユンボなどのクローラーを用いた建設車両に強みを持っているのです。弊社では数万円〜数百万円で買取しています。

北越工業

最近は精密機械メーカーも建設機械に参入することも多く、その中で北越工業と呼ばれるメーカーがあります。北越工業ではミニのパワーショベルを提供していまして、さらにパーツもネットで小売するほどのサービス性を持っているのです。弊社では北越工業の建機も買取していまして、数十万円〜数百万円ほどになります。